PRODIGY 192 VE x2v 0.979ドライバー(Beta版)

※ 注意事項
- Betaドライバであるため、問題が発生する可能性があります。
- Windows Vista x64ではQSOUND機能が対応しておりません。
- Windows Vistaをアップデートし、最新状態にしてください。

※再インストール、インストール中にエラーなどが発生した場合、ドライバーを消去する場合はドライバーフォルダから win32(32bitの場合)の中にある Uninstall_32.exe を実行します。
Uninstallをクリックしますとドライバーが消去されます。その後、再起動し、必要に応じて再度インストールを行ってください。
※実行前にサウンドデバイス関連プログラムはすべて修了してください。
※ドライバーが消去されない場合はセーフモードで再起動し、実行してください。


※インストール方法
1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
2. パソコンを再起動し、「新しいハードウェアウィザード」の画面から下の手順でインストールします。






3. 解凍したドライバーフォルダを指定してください。










4. インストール後、必ず再起動してください。


5. 再起動すると、メイン画面のタスクバーにコントロールアイコンが表示されます。
6. アイコンをクリックし、CONFIG項目からFACTORY DEFAULTをクリックします。
7. 以上でインストールは完了です。

出力設定
Windowsのボリュームアイコンを右クリックし、再生デバイスを選択します。




基本出力デバイスはアナログ出力のProdigy192になります。

1. 構成をクリックするとスピーカー設定が可能です。(アナログ出力のみ)


2.プロパティを選択しますとサンプリングレート設定が可能です。


デジタル出力の場合は SPDIF Out - ProDigy 192を選択します。


Prodigyコントロールパネル上のDIGITAL項目のOUTをクリックします。


Qsound出力の場合は QVE 96-24 (WDM)を選択します。
※現在、Windows 64bitではQsoundに対応しておりません。



入力設定(ラインイン/マイクイン)
1. 入力信号のタイプを選択します。
2. 「MON・HP」機能を選択しますと入力信号のアナログモニターリングが可能になります。
3. コントロールパネルの「CONFIG」−「Digital Monitor」項目で「Analog In」を選択しますと入力信号のデジタルモニターリングが可能になります。


4. Windowsのボリュームアイコンを右クリックし、録音デバイスを選択します。


5. ステレオミキサーを選択します。


6.プロパティを選択し、入力信号のInput Gainを調節します。


※Windows VistaではProdigyコントロールパネル上のWAVとMASボリュームは適用されません。タスクバーのボリュームアイコンをクリックし、Windowsミキサーで設定してください。


※Windows VistaではProdigyコントロールパネル上のサンプルレート機能は対応しておりません。WindowsのMME Consoleで設定する必要があります。

  • Update : 2007/12/18
  • Version : x2v 0.979 Beta
  • OS : Windows Vista 32/64
  • FileType : ZIP圧縮
  • FileSize : 1.97 MB
  • Prodigy 192 VE v1.3

    ※ インストール方法
    zipファイルに圧縮されたドライバー
    1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    2. 解凍したフォルダにあるAutoinst.exeを実行します。
    ※注意 :インストールする前に必ず全てのプログラムを終了してください。
    3. 自動インストールが完了したらシステムを再起動します。
    4. 再起動すると、メイン画面のタスクバーにコントロールアイコンが表示されます。
    5. PRODIGY192VEのアイコンをクリックし,CONFIG項目からFACTORY DEFAULTを選択します。

    万が一、インストール中にエラーなどが発生した場合
    1.セーフモードで起動します。
    2.C:\Program Files\AUDIOTRAK\Pro192VEフォルダでinfclear.exeを実行します。
    3.Remove Driverを選択すると既存ドライバが消去されます。
    4.表示される画面からデバイスマネージャに移動し、[サウンド、オーディオ、およびゲームコントローラ]の中にあるPRODIGYドライバが完全に削除されているかを確認します。
    5.一つでも残っている場合は もう一度 Remove Driverを実行します。
    6.再起動し、インストールします。

    ※手動インストールの場合
    1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    2.解凍したフォルダにあるinfclear.exeを実行します。
    3.Remove Driverを選択すると既存ドライバが削除されます。
    4.デバイスマネージャ画面から[サウンド、オーディオ、およびゲームコントローラ]の中にあるPRODIGYドライバが完全に削除されているかを確認します。
    5.一つでも残っている場合は もう一度 Remove Driverを実行します。
    もしか、消去されない場合はセーフモードで再起動し、実行してください。
    6.再起動しますと新しいハードウェア検出ウィザードが表示されます。
    7.一覧または特定の場所からインストールする(詳細)を選択し、次の画面で解凍したフォルダを指定します。
    8.インストールの完了後、再起動します。
    9.再起動すると、メイン画面のタスクバーにコントロールアイコンが表示されます。
    10.PRODIGY192VEのアイコンをクリックし、CONFIG項目からFACTORY DEFAULTを選択します。

  • Update : 2006/02/03
  • Version : v1.3
  • OS : Windows 2000/XP/2003
  • FileType : ZIP 圧縮
  • FileSize : 3.49 MB